女性

手術法と症例数

目元に触れる人

埋没法のほうが安い

二重を美容整形に依頼する場合、埋没法と切開法とに分かれているため、どちらが自分に向いているのか、どれくらいの費用がかかるのかを確認しましょう。基本的に両目の手術であれば、埋没法のほうが圧倒的に費用を抑えられており、二重にする方法として定番です。埋没法の費用は最安値で2万前後から、切開法の手術は20万前後から治療が受けられるため、仕上がりによって選ぶといいでしょう。医療機関での症例数や費用についても確認し、信頼できる医療機関の情報を確認して選ぶことが重要といわれています。二重整形を行っている医療機関の中で、大手の医療機関と地域密着型の医療機関では、比較的大手のほうが症例数も多いでしょう。ただし、切開が得意なのか、埋没が得意なのかによって、医療機関の症例数は異なるため、必ず確認してから依頼してください。手術の種類によっては、地域密着型のほうが満足度の高い治療を行っている場合もあるため、情報を集めることが重要です。費用が予算の範囲内か、症例数が納得できるだけ存在しているか、医療スタッフの対応は満足できるものかは必ずチェックしましょう。きれいな治療を行いたいのか、安く二重に仕上げたいのかによって、受ける手術の方法は異なるため、両方のメリット・デメリットを確認してください。埋没法とはメスを使わずに、医療用の特殊な糸を使ってまぶたにとめ、二重を作るやり方で、とめる回数によって手術費用が変わる方法です。低価格で行え、切開しなくて済むことから人気が高い方法とされており、万が一糸が取れても一定期間内なら再手術をしてくれる美容整形もあります。対して切開法とはまぶたの皮膚を切って、脂肪を取り除き、更に縫い合わせて二重まぶたを作るやり方で、全体・部分切開に分かれている方法です。部分切開法のほうが安く、更に患者の身体に負担がかかりにくい上に、しっかりと二重になるところがメリットといえるでしょう。目尻やまぶたの中心部分を切開しますが、脂肪がそれほど多くない人向きの方法となっているため、カウンセリングで確認してください。対して、部分切開法では取り除けないほど多くの脂肪がある場合には、脂肪除去とまぶたのたるみをも除去できる全体切開法がお勧めできます。費用は多少かかりますが、整形で失敗せずに満足できる結果を求めている人にとっては、最適な治療方法でしょう。