施術前はむくみに注意

目元に触れる人

二重整形を成功させるためには、事前の体調管理も大切です。むくみがあると綺麗な二重に施術できないことがあるため、飲酒や塩分の摂りすぎは控えましょう。費用は、埋没法なら3万円から10万円、切開法なら20万円から25万円が相場です。

抵抗なくできる施術

カウンセリング

二重整形は簡単にできる施術として人気があります。需要の高まりに連れて費用も低価格化していますが、値段が安いからといってクリニックを選ぶのは危険です。費用や仕上がり、ダウンタイムなど、全てを総合的に検討して選ぶことが大切になります。

埋没法をしよう

女の人

手術をするまで

どんな美容整形でも最初にカウンセリングがあります。二重整形も同じで、事前にカウンセリングの申し込みが必要です。クリニックによってはメール相談ができるので、手術について不安なことや費用のことなどカウンセリング前に聞くこともできます。カウンセリング当日に手術をする場合に備えて、まとまった手術費用は用意してから行くのがおすすめです。埋没法プチ整形の場合は簡単なので、当日すぐに手術をするケースが多いです。埋没法は切開なしのプチ整形の一種でダウンタイムが少ないですが、それでもまぶたは腫れます。帰宅するときになるべく人目につかないように、サングラスや帽子やマスクを用意しておくと安心です。クリニックに行ったら、カウンセリングをする前にカウンセリングシートに必要事項を記入します。あとで後悔しないように、カウンセリングでは医師に「こういう二重まぶたになりたい」という希望をはっきり伝えることが大切です。迷いがある場合は当日の手術は控え、カウンセリングだけにしておくこともできます。二重まぶたの美容整形でよく行われているのが埋没法です。まぶたに一切メスを入れず、針と糸だけを使用するプチ整形です。手術費用が1万円からとリーズナブルで、アイメイクをする感覚で埋没法をしている人が沢山います。糸で固定するだけの埋没法は、激しくまぶたをこすったり年を取ったりすると一重に戻ることがあります。しかし、それは一点だけで縫う一点止めをした場合です。一点止め埋没法はもともと二重まぶたの人で、さらにひだを深くしたい人に向いています。もともと一重まぶたの場合は一点止めだと取れやすいので、二点止め以上の埋没法をするのがおすすめです。沢山のポイントで糸を止めておけば、それだけ強度がアップして一重に戻りにくくなります。万が一に備えるなら、保証がついているクリニックで埋没法をすると安心です。保証がついていれば、保証期間中に一重に戻った場合に、再手術費用が割安になります。半永久的に保証がついているクリニックもあるので、安心して埋没法の二重さができます。

目を大きく見せる方法

鏡を見る人

目を大きく見せる二重は多くの女性が望んでいます。手術はコンプレックスを解決してくれます。二重整形には埋没法と切開法があります。埋没法の方が費用の相場は安くなります。費用だけでなく、クリニックや医師の腕前など色々考慮しましょう。

手術法と症例数

目元に触れる人

二重に整形するときに、事前に医療機関の評判を確認し、症例数の多さや予算の範囲内で受けられるところを探しましょう。埋没法は費用が安くて患者に負担がかかりにくく、切開法は絶対に失敗したくないと考える人が受ける治療法といえます。

費用をよく考えて利用する

カウンセリング

二重の整形を行っていくということであれば、きちんと費用を調べておくということが大事です。安い価格で設定しているところは、それなりの理由があるとされているのでよくサービス内容を知ってから利用することが重要です。